株式会社C-UNIT SQUARE(シーユニットスクウェア)

攻めのサーバー運用を可能にする、柔軟なのにハイパワーなクラウドサーバーSOFTLAYERpowered byIBM

当社のSSMaintenance・LancelotはIBM社「SOFTLAYER」の環境上での稼働を保証しています。

利用料の試算
技術的なご相談など
お気軽にお尋ね下さい

CONTACT US

株式会社C-UNIT SQUAREは
日本IBM社のSOFTLAYER
パートナーです。

SOFTLAYER®にしかない/3つのBenefit

専用・共有両方に対応世界のネットワーク柔軟なリソース選択

SoftLayerは、占有仮想サーバ、ベアメタル(物理サーバ)のいずれかを自由に選択でき、さらにサーバ間の移行が容易に行える仕組みになっています。専用・共有いずれの環境にも柔軟に対応できるため、低コストな共用環境でスタートして、運用規模に応じて専用環境に整えていく、といった運用を可能にしています。

SoftLayerは、世界に13のデータセンターと19のアクセスポイントを持ち、拠点間を10Gbpsの高速ネットワークで結んでいます。この拠点間のネットワークの通信を無料で利用できるため、"場所を気にしなくていい"ネットワーク構築が可能になり、海外バックアップなどシステム運用の幅が大幅に広がっています。

SoftLayerは管理画面からのリソース選択により、構成の柔軟なカスタマイズが可能になっています。お客様のデータ運用の「データ量」「アクセス頻度」「セキュリティレベル」などの様々なご要望に都度対応できるカスタムメイド環境のサーバーを、従来よりも大幅にコストカットした料金体系で利用できます。

SOFTLAYERだからできる柔軟なプランニング

課金形態 時間単位、月額単位
サーバー 仮想サーバー、物理サーバー
クラウドサービス形態 パブリッククラウド(共用型仮想サーバー)、プライベートクラウド(占有型仮想サーバー)、プライベートクラウド(ベアメタル)
OS Red Hat Linux, CentOs, Ubuntu, Debian, FreeBSD, CloudLinux, Windows Server 2003/2008/2012
CPU パブリッククラウド・プライベートクラウド: 1~16コア
プライベートクラウド(ベアメタル): 2~40コア
メモリ パブリッククラウド・プライベートクラウド: 1~64GB
プライベートクラウド(ベアメタル): 2~512GB
内蔵ディスク 25~100パブリッククラウド・プライベートクラウド: 25~100GB
プライベートクラウド(ベアメタル): 32~96TB
内蔵ディスクの種類 SAS, SATA, SSD
外付けディスク パブリッククラウド・プライベートクラウド: 25~100+2000x4GB
プライベートクラウド(ベアメタル): 20~3000GB
外付けディスクの種類 NAS(1GB~2TB)、iSCSI(1GB~3TB)、オブジェクトストレージ
ノート間の帯域 10Mbps~10Gbps
API 200サービス以上の1600ファンクションコールガ利用可能

すべての拠点を無料・高速ネットワークでつなぎ、自社のネットワーク資産としてフル活用できます!

サーバースペックの制約を気にせず、攻めのシステム運用が可能!

C-UNIT SQUARE/ssmaintenanceSmart&Speedy !/エスエスメンテナンス

 

IBM/softlayer/ソフトレイヤー

当社のSSMaintenance・LancelotはIBM社「SOFTLAYER」環境でクラウドサービスを提供しています。

スゴい!①専用環境⇆共用環境どちらも可!
コスト・スピード重視の「共用クラウド環境」、
セキュリティ重視の「プライベートクラウド環境」
どちらにも対応できるのが大きな特徴です。
スゴい!②容量拡張が柔軟に可能!
日々の清掃・点検・修繕で増えていくデータ容量にあわせて柔軟に拡張ができる構成で、継続的な運用と、無駄なコスト削減をサポートします。
スゴい!③遠隔地バックアップもOK!
SOFTLAYERが持つ世界中のデータセンター、その間の通信はすべて無料!災害等に備えて遠隔地(海外)でのバックアップをとりたい場合でも、通信コストが低く抑えられます。

小容量・1拠点での
運用

  • 予算をあまり掛けたくない
  • 運用規模のイメージがまだ付かない

大容量・多拠点での
運用

  • データ量が多い、アクセス量が多い
  • 遠隔地バックアップ・ディザスタリカバリを重視したい

株式会社ユニホー 代表取締役 加藤 公治 様

<お客様インタビュー>

運用規模のイメージがつきにくい新規事業に取り組むにあたって柔軟に構成を変更できるSoftlayerは非常に強力なツールでした。

これまで紙面で管理していた不動産物件の清掃業務を全く新しいシステムで改善するにあたって、なかなかイメージが難しかったのが「データの運用規模」でした。どのぐらいのデータ量をどの程度保存しておけば良いのか、どの程度の通信量が見込まれるのかを想定しにくい新規事業において、SoftLayerではスモールスタートが可能で、しかもそこから必要に応じて専用環境までに拡張できる点が他社サービスと異なる魅力でした。現時点の予算と、将来的な安心感の双方でSoftLayerを選択しましたが、良い選択であったと感じています。

メディアでの取材履歴(SSMaintenance・SOFTLAYER)・セミナー開催

ITMedia TechTarget

日本経済新聞
2013年3月5日 朝刊

アスキークラウド
2014年4月号

アスキークラウドイノベーションコンファレンス
(2014年1月23日 青山テピアホール)

IBMスマートソリューションフェア2014

next

IBMスマートソリューションフェア2014に出展します

Softlayerユーザーインタビューに弊社お客様が登場

Offer the Total Satisfuction./独創的なアプリケーションと/それに柔軟に対応するクラウド環境で/お客様へ「総合的な満足」をお届けいたします。

利用料の試算・技術的なご相談などは
お気軽に下記フォームよりお尋ね下さい。

CONTACT US

▲ GO TO PAGE TOP